JICA研修生が来社

IMG_5586IMG_5587

JICA筑波で研修を受けている8ケ国の10人が7月8日に当社に来社されました。本社では当社製品の開発等についての質疑応答、その後工場見学をしてもらい熱心な質問を受けました。

以下はそれを伝える産経新聞の記事です。

つくば市高野台の国際協力機構(JICA)筑波の研修生が8日、龍ケ崎市庄兵衛新田町にある産業機械メーカーで、ゴムクローラーを使った建設機械を製造・販売している「諸岡」(諸岡正美社長)を訪れ、工場を見学した。

 参加したのは、JICA筑波で今年3月から研修を受けている東南アジアやアフリカなど8カ国の10人。本社で諸岡社長が会社の概要や商品などについて映像を使って説明した。

 この後、研修生は近くにある工場で、産業機械のエンジンや、ゴムクローラー付きのキャリアダンプなどを見学。熱心に質問したり工場内の様子をカメラに収めたりしていた。

 マラウイからの研修生、チカンケーニ・アヤナさん(30)は「ゴムクローラーは軽く多目的に使えるのでいろんな可能性があると思った」と話していた。

TOP