経営理念

当社は1958年に諸岡一雄(元会長)が創業した会社です。当時の日本はお米や野菜を増産するために耕作地の開墾を進めていました。ここ龍ヶ崎市でも特に 陸田開墾が進められ、農業用水確保の為の井戸掘りや配管を敷設する鑿井(さくせい)工事会社を開業したのが(株)諸岡の原点です。仕事柄、湿地帯での工事 も多く、途中で工事車両が沈んでしまい、身動きできなくなるケースが頻発しました。そこで仕事が楽になる軽量な土木建設機械を自社開発するようになる、そ れが当社におけるものづくりの始まりです。開発した機械は、パイプを敷設するための掘削機械トレンチャーや資材を運ぶための車両です。特に軽量化と湿地走 行を図る目的から「ゴムクローラ」と操作性を高めるための「全油圧式」を考案して、昭和50年から「全油圧式トレンチャー」、「ブルドーザー」、「不整地 運搬車」を製造販売するようになりました。常に使用者側からの立場で機械を開発するというのが諸岡の基本理念です。

 

 

お客様に喜ばれる、
高品質で独創的な商品を提供します。

道なき未知を切り拓く、
活力ある企業を目指します。

人と自然環境の調和を目指し、
豊かな社会づくりに貢献します。

株式会社 諸岡
代表取締役 諸岡正美

TOP