沿革

昭和33年 3月 茨城県龍ヶ崎市川原代町で独自考案による鑿泉工事業開始
昭和41年 11月 資本金1千万円で諸岡鑿泉株式会社設立
昭和46年 8月 株式会社 諸岡 に社名変更
昭和50年 8月

全油圧式トレンチャー、ブルドーザー・不整地運搬車の製造販売開始

history04

ブルドーザー

history03

全油圧トレンチャー

昭和52年 10月

南極で稼動するクローラショベル

南極昭和基地向けクローラショベル、不整地運搬車の納入開始

昭和53年 10月

ブリヂストンの協力を得て

ブリヂストンの協力を得、幅500mmのジャンボクローラの共同開発を行い、超湿地用運搬車MST-500型を発表。シリーズ化を図る。

昭和61年 5月 小松製作所に不整地運搬車のOEM供給開始
昭和63年 10月 中国営業所開設
平成元年 3月 大型運搬車MST-2200発表
平成元年 4月 日立建機に不整地運搬車のOEM供給開始
平成 2年 5月

苫小牧工場完成

苫小牧工場完成 北海道の拠点を岩見沢から苫小牧へ移す

平成 2年 9月

ゴムクローラ式農業トラクタ

ゴムクローラ式農業トラクタの製造販売開始

平成 2年 10月

防衛省向け

防衛省向け資材運搬車納入開始

平成 5年 4月

熊本工場開設

九州熊本工場開設

平成 6年 10月 東北営業所開設
平成12年 4月

環境機器の木材破砕機

環境機器の木材破砕機発表

平成15年 3月 Morooka USA Corporation設立
平成15年 3月 北信越営業所開設
平成17年 5月 本社を現在地に移転
平成19年 7月 新本社工場完成
平成20年 4月 創立50周年
平成20年 6月 九州営業所開設
平成23年 6月

防衛省から大口受注

防衛省より資材運搬車の大口受注

平成23年 7月

技術研修センター

技術・研修センター開設

平成24年 1月 中期5ヶ年計画発表
平成24年 3月

太陽光パネル

工場に太陽光パネル設置

平成24年 7月 米国バージニア州でモロオカキャリアーの生産開始
平成24年 9月 ISO14001の取得 
平成26年 8月

美浦工場開設

     11月

本社部品倉庫完成

平成27年 6月 ISO9001の取得
     10月 中期経営計画「GO⁵ MOROOKA 2020」発表
TOP