MC-6000

 

MCシリーズ最大の木材破砕機

 MC-6000

 大口径タブ式だから

      投入作業が簡単

 

ゴムクローラー式木材破砕機

      は現場破砕が得意

 

 

 

破砕場所を選ばない木材破砕機
MC-6000 MC-6000

MOROOKAが不整地運搬車に採用しているゴムクローラーの採用で、木材破砕機ながら現場を選ばない破砕を行うことができます。

 

 

作業効率と自由度の拡張

作業スペースのレイアウトは現場にフィットする形に出来るので作業効率が飛躍的に上がります。

足回りはMOROOKAの培ってきたキャリアダンプの足回りを破砕機に応用。造成地、不整地での現場での効率のいい破砕作業も行えます。

 

 

平面なボディで清掃が簡単

MC-6000

全体的に平面なボディを採用。清掃・メンテナンス時には清掃がしやすく、車両管理が簡単になりました。

 
大口径ボンネットでエンジンルームへのアクセスも簡単

ボンネットは大口径の間口で清掃・メンテナンスはもちろん、点検時にも安全に作業が行えます。

 清掃、オイルチェック、エアクリーナー交換など集約されて作業の短縮につながる構造です。

 

 

 主要諸元・三面図

 MC-6000

MC-6000
機械重量19,300kg
機械本体長5,900mm
機械本体幅2,950mm
機械本体高3,080mm
エンジン名称CAT C18
総排気量18,100cc
出力/回転数470/2,100 kw/min-1
ゴムクローラ幅750mm
ベルトコンベア800×4,000mm 幅×長
ホッパー1,450×2,200mm 高×径
走行速度 Lo/Hi0~2.1/0~3.1km/h
燃料タンク容量470ℓ
排ガス規制オフロード法対応

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせはこちら

TOP