過酷な現場での運搬作業 フォワーダ

 想像以上の過酷な現場で稼働する 林内運搬車……

      不整地運搬車と同じ2年に1度のフルメンテナンスを推奨します!

 不整地運搬車のメンテナンスは重要で、特に林内運搬車は往来の不整地運搬車に比べて過酷な現場がほとんどで、機械の消耗が想像以上に激しい。日本特有の起伏の多い山間部で上げ荷や下げ荷の繰返しの作業で、特に運搬車の生命線である足回りの消耗は激しい。また最大積載量以上に積載するケースも多く見られ、林内運搬車のO/Hやメンテナンスは特に重要になります。また荷台やバンパー部の損傷も多く、フレームの補強なども必要な場合があります。これらを踏まえ、2年に1回のO/H/フルメンテナンスを推奨致します。メンテを実施する事で機械の寿命を長持ちさせます。またご希望がございましたら全塗装も対応致しますのでご検討願います。*巡回サービスも致します。

 

 

1足回りの早期メンテを推奨 2スプロケットの摩耗・交換は早めに
3下部ローラ-は早めの交換 4フレームや荷台の補強を推進
 5before  after

                 MST700VDLG ユニックUF32 MOROOKA仕様

MST700VDLG

 

 

詳しいお問合わせは担当営業、または

株式会社 諸岡 部品サービス部

TEL :0297-66-2103  まで

MOROOKA 

 

TOP