機械消耗の激しい 木材破砕機

  木材破砕機のO/Hメンテナンスの重要性   

                                            年に1度のフルメンテナンスを推奨します

  木材破砕機は通常の建設機械と違って消耗頻度が特に高く定期的なメンテナンスが重要になります。特にカッター部やホッパー内部、コンベアー部の消耗が激しく、お客様の稼働時間が多い場合(目安で年間500hr)は年に1度のフルメンテナンスは必要不可欠で、メンテを継続する事で機械の寿命も大きく変わっていきます。夏場のオーバーヒートや乾燥時の火災防止にとしてラジエータ、オイルクーラーの整備やエンジン内部の清掃・点検は必至/カッタードラムの摩耗・肉盛り修正【放置すると土台が剥がれトラブルの原因】/ホッパー内部の補修やAssy交換/油圧機器・エンジンのO/H/油圧ホースやコンベアー部のメンテナンスなど、一連の総合サービスを推奨致します。

各ドラムのリビルト品も用意しております!

1三角刃土台の修正 2角刃土台の肉盛り修正 3切削刃土台の肉盛り修正
4破砕機の心臓部 5エンジン内部の清掃徹底 6ラジエター・オイルクーラーの清掃
7ホッパー内部のフルメンテナンス 8ホッパーローラーの交換 9消耗が激しいホッパー土台の交換
10コンベアー・袖ゴムの交換・補修 11モータースポロケットの交換 12カッター装着部の総メンテナンス

 

木材破砕機MCシリーズ 電気制御反転装置  リニューアル!

 1従来型 ユニット  
 

【交換必要部品】

電気式比例切換弁/ホッパー圧力センサー
カッター圧力センサー/電気制御BOX

バルブカバー/ダイキン製操作モニター

ダイキン製ダイヤル付押ボタン

S/W式コントローラー/ハーネス一式

油圧ホース各種/取付金具一式/他  

2詳細3詳細

新ユニットの特徴】

ホッパー回転調整用バルブを手動式から電気式比例切換バルブを新規開発し調整流量を確実に保持

・カッター圧力検出方式が往来の圧力スイッチ(1信号)から電気制御を採用し、任意設定が可能

・ホッパー反転時間の5秒固定設定から任意に設定が可能。反転時間のロスタイムを軽減

・自動反転油圧回路を電気式制御に変更し油圧回路のシンプル化を図り、油温上昇時の熱発生を低減

 

 

詳しいお問合わせは担当営業、または

株式会社 諸岡 部品サービス部

TEL : 0297-66-2103 まで

MOROOKA

 

 

TOP